スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】『季節の記憶』保坂和志

みなさんこんにちは、副編、二度目の登場です。
どうでもいいことですが、ネット上ということで、この記事はいったいいつ頃皆さんがご覧になるのかよくわかりません。だから、「こんにちは」を使うんでしょうね。
一度、「こんばんは」と言ってみたい。どことなく怪しげですよね、かっこいい。

ではでは、恒例(?)のレヴューを書きますよ。


季節の記憶季節の記憶
(1996/08)
保坂 和志

商品詳細を見る


今回は、保坂和志『季節の記憶』です。
『平成』を語るには欠かせない作家だと思います。
著者は90年『ブレーンソング』でデビュー。
今回のレヴューで取り上げる『季節の記憶』は97年に発表され、谷崎純一郎賞、平林たい子賞を受賞しました。
舞台は鎌倉・稲村ケ崎。一児の父である主人公(38歳)、息子の圭太(あだ名はクイちゃん、5歳)、近所の松井さん(44歳)、その妹の美紗ちゃん(24歳)、美紗ちゃんの友達で離婚して越してきたナッちゃん、この5人を中心に物語は動いていきます。

昔、どこかで見た言葉に「散文は散歩、韻文はダンス」というのがあって、すごく納得した記憶があります。『季節の記憶』も、まさしく散歩のような小説です。
先に紹介した5人の会話や散歩を中心にして、ゆったりと特別な事件が起こることもなく小説は進みます。
従来の小説のような起承転結が、はっきりとした形で表れてこないのです。
しかし決して読みづらいわけではありません。
ごく自然な文体で、優しく流れていくように紡がれていく物語は、気づけば自分たちの中に驚くほど自然にしみこんでいきます。
初めて読んだときは、これが小説の力か、と私なりに感動しました。
日常にひそむ、どこか心に引っかかる、だけど目立った形では表れない、そんな日々の些事が数珠状に連なり、この物語はできているのです。
私自身が保坂さんの大ファンで、創作をしている人たち向けに書かれた『書きあぐねている人のための小説入門』という本が家にあります。
大学では一応創作のゼミに所属しているので、小説作法のようなものが書いてある本をよく読むのですが、この本の最後の章のタイトルは「手を休めて、窓の外を見る」です。
もう一冊お気に入りなのが、高橋源一郎さんの『13日で「名文」を書けるようになる方法』です。
これは最初の章のタイトルの一部分なんですが、「素敵な文章を読んだ後は、とりあえず窓の外を眺めてみる、ということ」とあります。


『季節の記憶』を手にとり、本からふと顔をあげて窓から外を眺めてみるとき、そんな時にこの小説は力を持ってくるような気がします。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

【レビュー】『蹴りたい背中』綿矢りさ

こんにちは、学生副編集長のM・Tです。

副編集長は二人いるので、後でもう一人出てきますよ。

とりあえず、「平成」を特徴づける(?)文学を扱っていこうということだけは決まったんですが、細かい内容までは決まっていません。

今は編集委員で、平成に入ってから主な文学賞を受賞した作品を読んでいっています。

そこで、ちょこちょこと書評的なものでも書いていこうかなと思っています。


今回、私が書くのはこれ!!


蹴りたい背中蹴りたい背中
(2003/08/26)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


「平成」「文学」のキーワードでこの作品を思いつく人は結構いるんじゃないでしょうか?

いきなり大物をいっちゃって大丈夫か? という気持ちは多少ありますが、ちょっと頑張ってみます。



綿谷りささんは2001年、17歳のときに『インストール』で第38回文藝賞を受賞、さらに2004年19歳で第130回芥川賞を史上最年少で受賞しています。

実は私、平成元年生まれなので2001年といえば、まだ小学6年生です、たぶん。

初めてこの作品を読んだのは、2007年に文庫化されてからだったので、だいぶデビュー時のざわざわした感じがおさまってからでした。

あまりにも印象的な始まりかたをする本作の冒頭を暗記してしまっている人も多いのではないでしょうか?


「さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指でちぎる」


高校三年の時、予備校帰りに寄った本屋で偶然手に取ったこの作品は、私にとって衝撃的なものでした。

パラパラっとめくってみて、目に入ったこの冒頭にやられました。

解説で「潔癖」と形容された青春前期の気持ちの様々が、あらわになっている本作。

ただ最近になって思うのは、これを書いたのは青春後期に差し掛かっている時で、しかもこれはフィクションです。

作品内で完結しており現実とは関係がないのかなと考えると、私が高三の時に抱いた感傷とは遠くにあるものに思えてきます。

近頃は、どこかクールな視線を感じるのです。

10代でこれを書いちゃうんだからすごいよなあと思います。

すごくありきたりな感想ですが。

ひょっとしたら10代だからこそ書けたのかもしれません。



多くの人の心をとらえたこの作品は127万部も売れたそうです。

良くも悪くも今の世相を反映した本作。

ひょっとしたら、次号で大フィーチャーするかも!?

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。