スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 文学フリマ

こんばんは、編集委員です。

本日、5/23は、第10回文学フリマの日でございました!

イェーイ。パチパチ。(拍手)

私たち法政文芸も、出店してきました。


CIMG1410_convert_20100524021312.jpg      CIMG1411_convert_20100524021616.jpg


最新号の発売がもう少し先なので、

今回はバックナンバー(2~5号)のみの販売だったのですが、

例年より売れ行きが良かったらしく

5号にいたっては、なんと完売となりました!!!(大歓声)


CIMG1412_convert_20100524021528.jpg


私は文学フリマ初参加だったのですが、

法政文芸の存在を全く知らない方が

たまたまフラッと寄って たまたま手にとって見てくださって

そして「面白そう」だと思って買ってくださるということに

なんだか感動しました。



買っていただいた方、ブースに立ち寄ってくれた方、法政文芸という名前だけでも覚えてくれた方、

本当にありがとうございました m(@´`@)m


文学フリマに参加したことで、普段会議室にこもっている時とは違うかたちで

読者の方を意識することが出来ました。

興味を持ってくださるのはどんな方なのか、はたまた読者の方はどのように法政文芸を捉えているのか

などなど、実際にあのブースに居なければわからないことがたくさんありました。

来てくださった方々にも、どんな人たちが作っているものなのか

少しでも知っていただけたようで、良かったのではないかと思います!


スポンサーサイト

今号のインタビュー。

「法政文芸」は第2号より、作家インタビューを掲載しています。
第2号、「内田百」特集では文芸評論家で『内田百―無意味の涙』著者の川村二郎さん。
第3号、「ヤングアダルト」には『楽園のつくりかた』の笹生陽子さん。
第4号では「家族小説」特集ということで『猛スピードで母は』の長嶋有さん。
そして第5号、土地・場所をテーマに『四とそれ以上の国』のいしいしんじさんに語っていただきました。


2010年、第6号にもインタビュー企画はもちろん盛り込まれています!


きょうは今号のインタビューのために、ある作家の方にお会いしてきました。


ああ、そういや今年のエッセイとかインタビューの情報はまったく解禁してなかったですね。


書いちゃっていいのかな? まあ、いいですよね! 書いちゃえ!



第6号のインタビューは、佐伯一麦さんです!



【佐伯一麦さんプロフィール】

1959(昭和34)年、宮城県生れ。宮城県立仙台第一高等学校卒業。週刊誌記者、電気工等の職業に就く傍ら、創作を志す。
1984年「木を接ぐ」で海燕新人文学賞を、1990(平成2)年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞を、1991年『ア・ルース・ボーイ』で三島由紀夫賞を、1997年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平文学賞を、2004年『鉄塔家族』で大佛次郎賞を、2007年『ノルゲ』で野間文芸賞を受賞。
他に『木の一族』『無事の日』『石の肺』『ピロティ』『芥川賞を取らなかった名作たち』などの著書がある。
(新潮社ホームページより引用いたしました)



まあインタビューの内容については第6号をご購入の上お読みいただくとして(笑)、
とにもかくにも素敵な方でした。

今号の特集が「平成のライフスタイル」ということで、
佐伯さんが昭和から平成に移るころのことを題材に執筆されていた「渡良瀬」(『海燕』にて連載。1996年11月号をもって廃刊となったため中絶、未完)に関する話題を軸に、
平成という時代性について、書くということについて、私小説(わたくししょうせつ)について、その他もろもろ、
2時間にわたっていろいろなお話をお聞きすることができました。
誌面の都合もございますので全てを掲載することは難しいのですが、できる限り削らずに読者のみなさまに読んでいただけるよう、努力いたします。


今回、この企画にご快諾くださいました佐伯一麦さんに、この場をお借りいたしまして心より御礼申し上げます。


saeki


写真はインタビューの後に開かれた食事会のようす。飯田橋のイタリア料理店・PIZZA bar cafeにて。

(左端が佐伯一麦さん、右端は今号の編集長・中沢けい先生。佐伯さんの隣の黄シャツは私です)

【レビュー】『You can keep it.』綿矢りさ

お初にお目にかかります。
学生編集委員2年、S・Nです。

あまりブログを書くのは得意でないので、先延ばし先延ばしにしていたら、
とうとう編集長から催促メールをもらう事態に発展しました(汗)
名前だけに、先延ばしが得意です。
先延ばししたまま忘れることもあります。
そんなこんなで二十歳になってしまってびっくりです。
きっと私の人生には先延ばしにしたまま忘れてきたことがいっぱいです。
そんな先延ばしにいつかしっぺ返しを食らいそうで怯えた毎日を送っています。

嘘です。どうでもいい嘘です。

……うん、ホントどうでもいいですね。
でもきっとどうでもいいことが世界を回す原動力になってると思います。


10%くらい。
……や、5%くらい。


うん、ほんとどうでもいいな。



さて。
だいぶ前の編集長の記事でも告知のあった通り、法政文芸第六号のテーマは「平成」
というわけで、私も忘れっぽい、ちょっとシワの少ない脳みそをフル稼働して、
作品を熟読し、レビューを書いていきたいと思います。


今回の私のレビュー作は、こちら。

インストール (河出文庫)インストール (河出文庫)
(2005/10/05)
綿矢 りさ

商品詳細を見る


綿矢りさ さんの『インストール』(文庫版)に収められた書き下ろし短編作品、
『You can keep it.』です。


前作と前々作、『インストール』『蹴りたい背中』が女子高生が主人公であったのに対し、
本作の主人公・城島は男子大学生。

特徴は、「やたら物をくれること」。

彼は、誰かに羨ましがられたり、ほめられたり、欲しがられたものを、
「あげるよ」と、いとも簡単に手放してしまいます。

それは、気の弱い親切ボーイの親愛の情を示す精一杯の手段。
と、いうわけではなく、賢いというべきなのか、賢しいというべきなのか。
そんな彼の編み出した歪んだ策略なのです。


「物を撒くと人の心には芽が出るんだ――喜びと警戒で頭を重くした芽がね、
それでその双葉の鉢を抱えて人は俺としゃべるわけだけど、両手のふさがった
奴なんかに俺が負けるわけないのさ」



モノをバラまくことで、コミュニティにおける自分の立場を確立しようとする彼の姿に、
私は小学生の頃に読んだ、芥川龍之介『杜子春』を思い出しました。

父が「感動した」と言った『杜子春』は、私にとってはあまり好きな作品ではありませんでした。
愚かな杜子春――彼が峨眉山で見た幻に、思わず「お母さん!」と叫んでしまったことは、
作中に出てくる彼の唯一の長所で、その人間的な優しさを見込んで、
ハナから仙人になんてする気は無いくせに、
「仙人にしてやろう」と言うスタンスの仙人が、
この上なく残酷な人非人のように当時の私には感じられたからでした。

財力に頼って、友達を集める為に家で日々どんちゃん騒ぎを開催する杜子春の気持ちは、
どんな手段を選んだとしても、友達が欲しくて欲しくてたまらなかった
当時の私への痛烈な風刺でもあり、私は自分と杜子春を重ねて
くやし涙を流しそうになるくらい仙人が憎たらしくて仕方ありませんでした。

「何かを目当てに集まってくる友達は本当の友達ではないとは分かっていても、
それでも友達がほしい、という気持ちが間違っていることは分かっていても、
それを殊更に『愚かだ』『間違っている』と言われる筋合いはない。
そんなこと、もうとっくに分かっているのに」

もちろん、杜子春の場合「もうとっくに分かって」いた訳ではないのだから、
私の杜子春の読み方は曲解も曲解、捻じ曲げ過ぎも良いところだとは思うのですが、
私は、この『You can keep it.』にも、杜子春を読んだ時と同じ、
苛立ちというか、疑問というか、腑に落ちない気持ちにさせられます。


その苛立ちの元がなんであるのか。
杜子春とは違い、計略的にモノをバラまく城島に苛立つのか。
ハゲタカのようにモノを奪って行って友達面をする、
保志をはじめとする友人群にイライラするのか。


私が気に入らなかったのは、城島の想い人、沢 綾香でした。


太陽の申し子のような明るさを持った少女・綾香。
前作『蹴りたい背中』の絹代のように、
彼女は作中に「憧れ」として君臨しています。

城島とは、まったく違ったタイプの綾香。
城島の友達との付き合い方が歪んでいるのであれば、
彼女の人との向き合い方は真っ直ぐ過ぎるくらい真っ直ぐです。
けれどもそこには城島以上の不自然さが生じているように思います。


綾香との距離を縮めようと、
インド旅行のお土産だと嘘をついて渡したポストカードは、
綾香に簡単に嘘だと見破られて、逆に不信感を抱かれる結果となります。

そこまではいいと思います。
そこまでは現実です。

けれども、城島と仲間たちが、
「綾香とインドに行く計画」を立てたところから、
舞台は峨眉山の幻になった気がします。

綾香は、誘われた城島たちのとインド旅行計画にOKを出します。
そして城島の頭の中には、インドで綾香に問い詰められている映像が浮かびます。


“どうして嘘をつくの?”


彼女は本当に、インドで彼を問い詰めるでしょうか。

私には分かりません。

けれども、「どうして嘘をつくの?」というセリフは、
杜子春に「何になつても、人間らしい、正直な暮しをするつもりです。」という
セリフを吐かせた、仙人・鉄冠子のあの言葉を私に蘇らせるのです。


「もしお前が黙つてゐたら、おれは即座にお前の命を絶つてしまはうと思つてゐたのだ。
――お前はもう仙人になりたいといふ望も持つてゐまい。大金持になることは、元より
愛想がつきた筈だ。ではお前はこれから後、何になつたら好いと思ふな。」




分かったように、偽善に満ちて。
世界というのは、それほどまでに綺麗な場所なのでしょうか。
世界というのは、それほどまでに汚れた場所なのでしょうか。


――少なくとも、私の心はまっくろなようです(笑)


この作品の、「どうして嘘をつくの?」ということばは、
すべての読者に向けられる問いかけだと思います。

自分は、どうして嘘をついて生きているのか。
素直に心に響いた人には、きっと素晴らしい出会いが待っていると思います。

テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

京都・神戸レポート(3)

身内のあれで申し訳ないのですが、このブログに掲載されている編集委員の書評に一通り目を通しました。
端々に「いま」「わたしたち」の気持ちが溢れていて面白いなあという感想です。
そして、みんな、文章がうまい(笑)。

昭和生まれのわたしが平成の文学についてお勧めしていいのかっていう問題があるのですが、やっぱり、三並夏さんは外せないと思います。

平成マシンガンズ平成マシンガンズ
(2005/11/25)
三並 夏

商品詳細を見る


  撃って何が起こるというわけではない、相手が死ぬわけではないし怪我もしないし心の傷も与えない。あたしも相手をどうにかしたくて撃っていたわけではなくてなんとなく選んだ相手をなんとなく撃った。(抜粋)

どこか冷めた目線にいまらしさがにじみ出ているように思います。
冷めた目線のことを、いまらしさ、と言ってしまうことについて、現代を生きる若者(だと思ってます。もう21ですけど)であるところのわたしとしてはちょっと抵抗があるのですが、ただ、自分の中にそういう面は少なからずあるように思います。

文藝春号に掲載された『嘘、本当、それ以外』はさらにいい。日記という場で文章が垂れ流され(ああ、悪い言い方になってしまった)それに振り回されているという状況はすごく現代的で、若者もどきのわたしにも、感覚としてしみるものがある。
いまは、ミクシィでもなくブログでもない「リアル」というのが高校生の間ではやっているそうですね。やってみたい。
夏号にも三並さんの新作が載っているそうなんですが、そちらはまだ未読ですいません。はやく読みたいなあ、なんて、もはや本紹介ではなくなってしまった。

書評ではない・感想でもない・旅立たない(前田司郎ふうに)この文章はさっさと切り上げて、取材記二日目・神戸編へ移りまーす。



---------------




1こうべ

ねむたげな編集長




2こうべ

たこやきで腹ごしらえをしてから、いざ神戸へ。



3こうべ

神戸・トンカ書店さん。
店内写真は法政文芸本誌に譲りますが、「ザックバランな古本屋」の名のとおり、漫画も絵本も雑誌も、なんでもある店内。お客さんからの持ち込みで販売しているという雑貨も豊富で、ほんとうに飽きない。
店主・頓花さん(トンカ書店という店名は名字から来ていらっしゃるとのこと)はとても温和な方。とくにミニコミ制作者と実際顔を合わせていることで、買い手に紹介でき、距離を近づけることもできるというようなお話をされていたことが印象に残りました。
漫画家・香山哲さんの主催されているイベント、パブリッシュゴッコの会場であることもあり、ミニコミ制作をされている方の交流の場としての要素も大きいよう。

ガケ書房さんもトンカ書店さんも、ほんとうに熱い気持ちを持ってお店をやっていらっしゃるなあ、としみじみ感じました。
書店は、まだまだ、大丈夫です。なんて偉そうなことをいってみたり!




12こうべ

トンカ書店さんを出て、海文堂書店さんへ。
海文堂書店さんでは、古本屋市を開催したり、Aさんの所有している古本をラックひとつぶん使って展示、何冊買っても500円というセールをしていらっしゃるなど、新刊書店としてはちょっと変わった取り組みをしていらっしゃいました。
海文堂通信別冊として出していらっしゃる『ほんまに』も、元気で、面白い冊子でした。
ただ、編集委員が入り口脇に組まれていたちょっとえっちい本の特集棚にくぎづけだったことをわたしは一生忘れません。





4こうべ

ちなみにこっそり食べ歩きもしていました。こちらキャベツ焼き(破格!)



5こうべ

数軒隣の肉まん屋さんにも、当然のように立ち寄ります。



6こうべ

おいしい

7こうべ

おいしい




8こうべ

メリケン波止場へ向かって、神戸らしく海を眺めたりしながら、




9こうべ

一度大阪に戻ってお好み焼き。



10こうべ

からの明石焼き(こうやって振り返ると、じつに粉ものまみれの旅です)。




11こうべ

というわけで、この旅初めての集合写真でお別れします。

京都・神戸取材、大いにくいだおれたりもしましたが、とても実りのある旅だったように思います。ぜひいい記事にしたいとインディーズミニコミ班一同やるきまんまんです。
編集作業もこれからが本番、編集委員全体で一丸となってはりきってまいりますので、機会がありましたらぜひ本誌を手に取っていただけたらと思います。

三回にわたりどうもおじゃまいたしました。読んでいただきまして、どうもありがとうございました。
ゴールデンウィークも残すところ一日。みなさま、どうぞ、おたのしみくださいませ。

京都・神戸レポート(2)

「文学のインディーズ」企画。

はじまりは中沢けい先生がジュンク堂書店新宿店阪根さんの記事を読まれたことでした。

次号の法政文芸では、小企画として、書店さんにお話を伺い、またいくつかの書店さんを紹介することからミニコミという文化について考えていきます。

いま、盛り上がりを見せつつある(インディーズ)ミニコミとは、ひとことでいうと自主製作の雑誌のことを指します。
出版不況がさけばれるいま、自主製作の雑誌が盛り上がっているという現状は、学生が編集(の大部分? いくぶんか?)を担っている法政文芸編集委員にとっても興味深いものです。

法政文芸は主に法政大学国文学会の会員の方に読まれている冊子で、その中には、多くの文学部日本文学科の学生がいます。
日本文学という学問を志す学生にとって、ミニコミに興味を持ち、手に取ってもらえる機会をつくれるような企画にしようということで、書店さんを紹介し、いくつかの書店さんからはお話を伺うという形式でこの企画を行うことになりました。


--------------


以上いっしょうけんめい書いた能書きでした。
ここからは、京都・神戸遠征楽しかったぜ、という写真をたくさんのせまーす。



2きょうと

そうだ、京都行こう。
はじまりは新宿。夜行バスにのります。



3きょうと

途中のインターで静岡おでんを食べたりしてたら、



4きょうと

到着。



5きょうと

夜行バスから銀閣寺までは4人旅。左から、T・S(3年)、T・K(2年)、H・K(2年)、撮影K・N(4年)。




6きょうと

取材まで時間があるので、バスに乗って、ぶらりと萩書房さんに立ち寄りますが、まだ閉まっていました。



7きょうと

なので、恵文社さんへ。
広い店内に、雑誌類や、絵本、漫画、小説、リトルプレス、などなど。とにかく飽きない店内です。器などを扱った区画、ステーショナリー、便箋や封筒などの雑貨類の取り扱いも豊富。おようふくなどの企画展も行われていました。
写真を撮ってくればよかったのですが、恵文社ワールドに没頭、すっかり許可をいただき忘れたので、恵文社さんサイト内「恵文社一乗寺店について」の店内写真をご覧ください。
ほんとうに、何時間でもいられそうな場所でした。
洋服を扱っていた奥の板張りの床が、踏むたびに、きいと水晶を爪でひっかいたみたいな音を立てて、いいなあと思ったことを覚えています。



なんて言っている間に、中沢先生と合流する約束の時間は過ぎていました。
生まれてきてすいませんと平謝りしながら、先生・編集長(3年)と銀閣寺前で合流します。



8きょうと

まずは腹ごしらえ。に志田さんでちょっくらゆばなど、なんて、贅沢しちゃいました。
ゆばとクリームチーズの揚げだし。とろりとしたゆばがたまらない味わい。



9きょうと

食後、中沢先生とお茶を飲みながら、インタビューの細部を詰めます。




11きょうと

そしてガケ書房さんへ。
店内の写真は次号の法政文芸でご覧下さい(宣伝)。
『Tokyo graffiti』と同じ棚に自主製作の雑誌が並べてあったり、『1Q84』の隣にミニコミ『野宿野郎』が並べてあったり(これはH・Kさんが言ってたんだっけ?)、ミニコミを区別しない棚づくり。
おもしろい本がそこかしこにあり、目的のものを探しに来たつもりが、ついつい、他の物も買ってしまいそう。
近所に住んでいらっしゃるという常連の方もよくいらっしゃるとのことで、普段使いをされている本屋という印象も。店主山下さんはおだやかな方で、けれど、とても熱いお話をお聞かせくださいました。インタビューの中身は次号法政文芸で!(宣伝)




12きょうと

そして宿へ。京都はバスの便がよいのがいいですねー。
夜が更けてからは、夕食、秘密会議などを経て、翌日の神戸取材に備えるのでした。



10きょうと

編集長のちゃんとした写真がなくてごめんね。たそがれ編集長で今日のところはお別れします。
次回は、神戸編! おたのしみにー。

京都・神戸レポート(1)

四年、K・Nです。
N姓が異様に多いこの法政文芸ですが、めんこいのがあとの二人で、菌糸類がわたしです。
正式にいうと、N・きのこ・Kといいます。父方の曾祖父が雪国まいたけなので、N家では、代々長女または長男が
このミドルネームを受け継いでいるようです。
信じてください。よろしくお願いします。



さて、いま編集委員会では、メインの企画と並行して、ミニコミについての小特集の制作を進めています。

その取材で、先日、京都ガケ書房さん・神戸トンカ書店さんにお伺いしてきました。

写真係であった不肖わたくしめが、寄り道あり買い食いありの旅の一部をこれから数回にわたり(そう、ゴールデンウィークをいいことに、連載にします)レポートしていきたいと思います。
就職活動を放棄した女の本気を見よ! 更新をお楽しみに!


(つづく)

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。