スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・神戸レポート(3)

身内のあれで申し訳ないのですが、このブログに掲載されている編集委員の書評に一通り目を通しました。
端々に「いま」「わたしたち」の気持ちが溢れていて面白いなあという感想です。
そして、みんな、文章がうまい(笑)。

昭和生まれのわたしが平成の文学についてお勧めしていいのかっていう問題があるのですが、やっぱり、三並夏さんは外せないと思います。

平成マシンガンズ平成マシンガンズ
(2005/11/25)
三並 夏

商品詳細を見る


  撃って何が起こるというわけではない、相手が死ぬわけではないし怪我もしないし心の傷も与えない。あたしも相手をどうにかしたくて撃っていたわけではなくてなんとなく選んだ相手をなんとなく撃った。(抜粋)

どこか冷めた目線にいまらしさがにじみ出ているように思います。
冷めた目線のことを、いまらしさ、と言ってしまうことについて、現代を生きる若者(だと思ってます。もう21ですけど)であるところのわたしとしてはちょっと抵抗があるのですが、ただ、自分の中にそういう面は少なからずあるように思います。

文藝春号に掲載された『嘘、本当、それ以外』はさらにいい。日記という場で文章が垂れ流され(ああ、悪い言い方になってしまった)それに振り回されているという状況はすごく現代的で、若者もどきのわたしにも、感覚としてしみるものがある。
いまは、ミクシィでもなくブログでもない「リアル」というのが高校生の間ではやっているそうですね。やってみたい。
夏号にも三並さんの新作が載っているそうなんですが、そちらはまだ未読ですいません。はやく読みたいなあ、なんて、もはや本紹介ではなくなってしまった。

書評ではない・感想でもない・旅立たない(前田司郎ふうに)この文章はさっさと切り上げて、取材記二日目・神戸編へ移りまーす。



---------------




1こうべ

ねむたげな編集長




2こうべ

たこやきで腹ごしらえをしてから、いざ神戸へ。



3こうべ

神戸・トンカ書店さん。
店内写真は法政文芸本誌に譲りますが、「ザックバランな古本屋」の名のとおり、漫画も絵本も雑誌も、なんでもある店内。お客さんからの持ち込みで販売しているという雑貨も豊富で、ほんとうに飽きない。
店主・頓花さん(トンカ書店という店名は名字から来ていらっしゃるとのこと)はとても温和な方。とくにミニコミ制作者と実際顔を合わせていることで、買い手に紹介でき、距離を近づけることもできるというようなお話をされていたことが印象に残りました。
漫画家・香山哲さんの主催されているイベント、パブリッシュゴッコの会場であることもあり、ミニコミ制作をされている方の交流の場としての要素も大きいよう。

ガケ書房さんもトンカ書店さんも、ほんとうに熱い気持ちを持ってお店をやっていらっしゃるなあ、としみじみ感じました。
書店は、まだまだ、大丈夫です。なんて偉そうなことをいってみたり!




12こうべ

トンカ書店さんを出て、海文堂書店さんへ。
海文堂書店さんでは、古本屋市を開催したり、Aさんの所有している古本をラックひとつぶん使って展示、何冊買っても500円というセールをしていらっしゃるなど、新刊書店としてはちょっと変わった取り組みをしていらっしゃいました。
海文堂通信別冊として出していらっしゃる『ほんまに』も、元気で、面白い冊子でした。
ただ、編集委員が入り口脇に組まれていたちょっとえっちい本の特集棚にくぎづけだったことをわたしは一生忘れません。





4こうべ

ちなみにこっそり食べ歩きもしていました。こちらキャベツ焼き(破格!)



5こうべ

数軒隣の肉まん屋さんにも、当然のように立ち寄ります。



6こうべ

おいしい

7こうべ

おいしい




8こうべ

メリケン波止場へ向かって、神戸らしく海を眺めたりしながら、




9こうべ

一度大阪に戻ってお好み焼き。



10こうべ

からの明石焼き(こうやって振り返ると、じつに粉ものまみれの旅です)。




11こうべ

というわけで、この旅初めての集合写真でお別れします。

京都・神戸取材、大いにくいだおれたりもしましたが、とても実りのある旅だったように思います。ぜひいい記事にしたいとインディーズミニコミ班一同やるきまんまんです。
編集作業もこれからが本番、編集委員全体で一丸となってはりきってまいりますので、機会がありましたらぜひ本誌を手に取っていただけたらと思います。

三回にわたりどうもおじゃまいたしました。読んでいただきまして、どうもありがとうございました。
ゴールデンウィークも残すところ一日。みなさま、どうぞ、おたのしみくださいませ。
スポンサーサイト
プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。