スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩む力を読む。

こんにちは。学生編集長です。


木曜日の会議以外に何を法政文芸がやっているかと言うと、今のところは何も活動していません。
企画会議や作業があれば、木曜以外も活動してるんですがねえ……。
前号(第六号)の企画が決定され、内容を細かく煮詰めていったのが、ちょうど12月から2月の間でしたから……毎年毎年その時期になると忙しく、このブログのネタも増えるということですね。
ちなみに12月5日には文学フリマもあります。
法政文芸も出店するので、興味のある方は是非参加を。


そうだ。
姜尚中の『悩む力』という新書を読みました。
集英社新書。2008年5月21日第一刷。
法政大学の学祭に、姜尚中さんが公演に来るらしいですね、是非聴きたいです。
でも、前予約制なのかな? いまさら遅いかな?


『悩む力』は面白かったです、というか納得のいく意見が多かった、てか元気が出る。
夏目漱石の作品群とマックス・ウェーバーの主張を軸にして、現代日本人が心の内で考えているであろう悩みについて、様々なテーマからの肯定的意見を述べています。
具体的には、生命・金・愛・労働など、誰にでも身近なテーマです。
特に近代以降の科学と合理化の波によって、宗教や伝統・習慣の類がナンセンスとして剥ぎ取られてしまった(ウェーバーが言うところの脱魔術化)ことで、自我の独立、いわゆる個人主義の時代となったことの落とし穴を本文中で挙げていて、とても興味深かったです。
僕らが生きている現代は、近代以前に比べてより自由(個人の判断で生きることができる)だと言えるけれど、自由であることは良いことばかりでなく、様々なデメリットもあることが分かりました。


ちょっとブックレビューみたいになってしまいましたが、法政文芸ブログのネタとしてはギリギリ大丈夫!
では、今日はこれにて!
スポンサーサイト
プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。