スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校正セミナー

こんにちは、第八号副編集長です。
10月も終わりに近づき、急に寒くなってきましたね。
今年もあと二か月ほどですが、第八号に向けて少しづつ動き出しています。
今号のテーマも最終候補まで絞り込まれ、どれをとっても面白いものに仕上がるのではないかと思っています。

さて、法政文芸では、今週と先週の火曜日、二週にわたって校正セミナーを行いました。
講師を引き受けてくださったのは昨年同様、校正歴40年の大ベテラン、若藤えいこさんです。


一週目はそもそも校正とはなにかというところからはじまり、校正記号の説明や、テキストを見ながらよくある間違いや直し方の確認など、さまざまなお話をしていただきました。
日本文学科の文芸コースで去年作成されたゼミ誌と第七号の法政文芸をテキストとして用いたのですが、ミスに貼られた付箋の量にただただ驚くばかりでした。(それでも去年のセミナーのおかげか、前回よりかなり数は減っていましたが)
指摘されたミスに笑いながらも、校正していたときになぜ気付けなかったのか……と反省しました。

二周目は実技編ということで、赤ペンと辞書を用意して実際に校正を行いました。
校正のために用意された特別問題を解きました。
短い文章の中に89個もの間違いが作られており、解き終わった紙は真っ赤に!
それでもやはり見落としは多く、答え合わせをしながら唸るばかりでした。
テーブルに座っていた二年生三人の回答をすべて合わせれば、見落としはほとんどなかったので、やはり多人数の目というものは大切なのだと実感しました。

90分の授業は本当にあっという間でした。
今年の法政文芸は、この学習を生かし、来年のセミナーで付箋を貼られないようなものを目指したいですね!
スポンサーサイト

10/24のツイートまとめ

hoseibungei

「法政文芸」、11月3日(木・祝)開催の第13回文学フリマ(at 東京流通センター 第二展示場、11:00~16:00)に出店します! 最新号(第7号)に加え、バックナンバーの販売もございます。ブースはイ-01、イ-02です。ぜひお立ち寄りください!(山田)
10-24 20:07

こっそりイメチェンしてみたり。中の人はカタチから入るタイプです。http://t.co/PCdxxVj6
10-24 19:53

10/22のツイートまとめ

hoseibungei

絲山秋子さんの新刊『不愉快な本の続編』( http://t.co/R0BjvlfE )が発売になっています。この本については法政文芸第七号のインタビューで語ってくださっていますので、是非2つ合わせてチェックしてみてください。法政文芸の方は神保町の東京堂書店にてお求めになれます。
10-22 22:46

法政文芸ブログ更新しました→ http://t.co/pygRxE9y
10-22 22:36

第八号に向けて

法政文芸第八号の学生編集長です。

法政文芸の代替わりも終わり、第八号に向けて新しく動き出しました。
2011年は、本当に多くのことが起こりました。
このような状況の中で僕達学生に何が出来るのか、どのような『法政文芸』を作っていけばいいのか深く考えさせられます。
今はまだ企画段階ですが、すでに多くの企画案が出ていますし、どのような企画になるのか僕自身楽しみでもあります。

少しでもいいものを届けられるように編集員一同、
来年の刊行に向けて精進していきたいと思っていますので、これからも法政文芸をどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。