スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 『キケン』 有川浩


 有川浩さんといえば、「本の雑誌」2006年上半期ベスト1に選ばれた『図書館戦争』や最近映画化もされ注目を集めた『阪急電車』など若い世代を中心に支持を得ている作家の一人です。今回紹介する『キケン』は第2回ブクログ大賞を受賞している作品であり、有川さんの数ある作品の中でも特にアクの強い作品であると思います。
「ほぼ九十九%男子校」な成南電気工科大学に入学した常識人、元山と情報通、池谷。そんな二人が出会ったのは【機械制御研究部】――略して【機研】と呼ばれ周囲に畏れられているサークルの部長「成南のユナ・ボマー上野直也」と副部長「大魔神・大神宏明」。上級生二人に誘われるまま【機研】に身を置くことになった元山と池谷はおよそ人間の所業とは思えないような彼らの活動に巻き込まれながらも仲間と共にたくましく、大学生活を謳歌していく。部長上野、副部長大神体制の【機研】黄金期の物語。

 この作品の最大の魅力は、登場人物たちの個性の強さと文体のスピード感にあると思います。「成南のユナ・ボマー上野直也」、「大魔神・大神宏明」といった渾名からもわかるようにこの作品の登場人物たちはとにかく個性的。一見普通な男子大学生に思える元山と池谷に至っても、うちに秘められた個性の強さはなかなかなものです。そんな彼らの魅力を充分に伝えてくれるのは、会話やストーリー展開など文体のスピード感。ちょっと早いかもという印象を受けるスピードの文体によって、まるで自分がその場にいるかのような臨場感と登場人物たちの全力度合が伝わってきます。そして、登場人物たちの会話のテンポは、お笑い芸人の漫才を見ているようで思わずくすりと笑ってしまうくらいに心地よいものです。

 また、この作品は内容からして登場人物たちと同年代の「若者向け」という印象を持たれる人が多いかもしれません。しかし、私はあえてこの作品を大学を卒業して何年間か経った、「大人」に読んでもらいたいと思います。もちろん、同年代である私たち大学生が読んでも楽しめる内容の作品ではあります。しかし、この作品を真に理解し、楽しめるのは大学生時代を懐古することができる年齢の人たちだと思うのです。

 作中に以下のような描写があります。

  全力無意味、全力無謀、全力本気。
  ――一体あんな時代を人生の中でどれほど過ごせるだろう?

 この言葉の意味や重みは、青春の真っただ中にいる私たちにはきっとまだ把握しきれないのでしょう。私も大学を卒業して何年か経った後、この言葉が身に染みるだろう時期にもう一度、読み返してみたいと思います。
全力で遊んで、全力で楽しんだ、きらきらと輝いた青春の日々。みなさんも『キケン』を通してそんな大学生の青春に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。


キケンキケン
(2010/01/21)
有川 浩

商品詳細を見る



スポンサーサイト
プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。