スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 『草の花』 福永武彦


 物語はまず、冬の灰色の空に包まれたサナトリウムから始まる。主人公である汐見茂思は、ある病気を患いサナトリウムにやってくる。そして自殺とも思える手術に笑いながら挑み、帰らぬ人となる。彼が残した二冊の日記帳には彼の過去が書かれており、そこには何故彼は手術に挑んだのか、何故諦めにも似た、楽観的な態度をとっていたのかが書かれている。

 一冊目には旧制高校における汐見茂思と藤木忍との恋愛とも友情とも呼べる関係が、二冊目には藤木の妹千枝子との恋愛が描かれる。しかしながら、どちらの恋愛も成就しない。汐見を愛しながらも、彼を夢見る人として解してしまい、二人は彼の元から去ってしまう。

僕が生きているのは、この愛のためなんだ、観念的でもいい、夢を見ているんでもいい、ただ咎めないで欲しい。


旧制高校の合宿中、互いの見解を吐露する松林での会話で、ほとんどすがるように汐見は藤木忍に向かって言い、藤木は「何にもならないのに」と悲しげに呟く。汐見が夢見る人として藤木に見られたのは、彼が愛について深く考え、その理智の現像を藤木に求めたからではないかと思う。この愛に関しての思想に加えて、汐見が抱える孤独というものも物語の根幹である。千枝子を抱きしめたときや、戦争や信仰について考えたときに彼は孤独を感じている。彼はその孤独は無益で純粋だとして、己の内に閉じこもってしまう。それ故に汐見茂思は誰とも結ばれなかった。

 この小説の魅力は、読み進めていくうちに汐見茂思という人物の抱える孤独と潔癖が、より詳細に描写されていく所にある。それは作者が丁寧に描写する風景や街並みの描写からも伝わってくる。純粋さや孤独を徹底して描かれており、最初に死の間際の汐見茂思を描写されたことからも、彼の儚げな表情が全編を覆っている。彼が生涯抱き続けた孤独と、愛への切望が、筆者の美麗な文章により際立ち、読者を儚い気持ちにさせる。これは多くの人々が持っているだろう孤独への憧れや、人を愛する悩みが、文から滲み出るように描かれているからであろう。

今いっそうはっきりと感じますことは、汐見さんはこのわたくしを愛したのではなくて、わたくしを通して或る永遠なものを、或る純潔なものを、或る女性的なものを、愛していたのではないか

これは千枝子が、汐見の死後に書いた手紙の一部分であり、小説の結末部に出てくる。汐見茂思の夢想は、果たして千枝子の指摘する通りだったのか。互いを理解するということは難しいことだ。それに関して汐見茂思は思い悩み葛藤する。それは恐らく、心から他人を想っているからなのだろう。


草の花 (新潮文庫)草の花 (新潮文庫)
(1956/03)
福永 武彦

商品詳細を見る


スポンサーサイト

追いコン。


3月25日に法政文芸の追い出しコンパがありました。

法政文芸第六号の制作の際、中心となって活動していた方々が卒業することになりました。
本当にご卒業おめでとうございます。

僕が法政大学に入ってよかったと、今思えているのは法政文芸の存在が一番大きいです。
それも先輩方がいたからこそのものであって、その先輩方が卒業してしまったというのはどうしようもなく寂しいものでもあります。

しかし、追いコンが終わったということは、次に新入生がやってくるということです。卒業した四年生の穴が、新入生によって埋められるということはないですが、この繰り返しの中で法政文芸が長く続いていき、その歴史を忘れずに大事にしていくべきなんだと、ぼんやりとですが思っています。

社会人になる卒業生は東京から離れていってしまいます。子どもの頃は、数駅先に行くだけで、すごく遠くへ行ってしまうような感覚がありました。学生の僕にとって、卒業生の方々がだいぶ遠くへ行ってしまうように感じられます。ただ大人になるうちに、その感覚は段々と薄れていき、子供のころに比べて世界は小さくなっていきます。
そんなふうに、僕たちもまた法政大学を卒業し、社会人になれば今まで「遠く」にあったものが「近く」なるかもしれないのです。
だから、またいつか会えるのだと前向きに信じています。

今の法政文芸の編集委員もいつかは、ばらばらになってしまいます。ただ法政文芸がこの先もずっと続いて行けば、また法政文芸のもとで会うことができます。そういうのを夢に見ています。

早朝まで続いた追いコンが終わった後、編集委員の一人が呟きました。

「一分一秒ごとに街の景色が変わってる。夜明けって凄い。」

法政文芸も一分一秒ごとに変わっていくのでしょう。
それでも、そこで目にした景色は、
先輩方がいた法政文芸は、忘れません。


【レビュー】 『三四郎』 夏目漱石

 前期三部作の一つであるこの作品は漱石が本格的に小説家への道を歩み始めた明治末期に書かれた彼の代表作の一つである。余裕派と呼ばれる現実をゆったりと眺めた反自然主義的な初期の作風から、人間の内面を描くような作風へと変化していく中で書かれた『三四郎』は、彼の作品を読む中で重要な位置を占めている。

 大学進学のために熊本の実家を離れ単身上京した小川三四郎は、東京が田舎の常識とは全く違うものであることに驚く。そこで会う野々宮などの学者、学生との交流は田舎にいた三四郎にとって大きな刺激となる。そしてその中で美禰子と出会い、初めての恋を経験する。彼女は、迷える子(ストレイシープ)という言葉を耳打ちするなど、曖昧な態度を取り続けて彼を翻弄し続ける。しかし最終的には兄の友人と結婚してしまう。三四郎の初恋はかなわないものになったが、彼はこの恋愛や学問との触れ合いの中で今の日本社会について批評することになる。

 恋愛小説に見えるこの作品であるが、実際はこの批評というのがこの小説におけるテーマである。三四郎は美禰子の結婚式に誘われるが断る。ここで美禰子への恋慕は無くなっており、恋は終わっている。対してこの小説一番描かれているのは三四郎が東京の状況、社会の現在について考える場面である。それは漱石自身が三四郎という青年を通じてこの小説で自分の日本に対する批評を行いたいという理由があったのではないか。とはいってもこの小説において恋愛は欠かせない要素であろう。

 美禰子と出会った後、三四郎は自身の世界を三つに分ける。一つは自分がいた熊本、郷里の世界である。二つめは野々宮のいる学問の世界、そして三つめは美禰子のいる華美あふれる世界である。彼は三つ目の世界に行きたいと願い、同時に三つの世界が混じり一つになる方法を探る。しかし最終的にはそれが無理であると悟る。それは田舎から夢を持って出てきた青年が現実を直視し、具体的な方法を模索する大人への成長でもあった。激変する社会にもまれ成長する姿には、自分も同じ大学生として感化される。映画化もされ、青春小説の金字塔といえるべきこの小説をぜひさまざまな角度で読んでほしい。


三四郎 (新潮文庫)三四郎 (新潮文庫)
(1948/10)
夏目 漱石

商品詳細を見る



【レビュー】 『ひとり日和』 青山七恵


 主人公の知寿は20歳のフリーターである。埼玉に母親と住んでいたが、母親の中国への転勤が決まり、東京に一軒家を持つ親戚の71歳の吟子さんとの共同生活を決める。

 吟子さんの家についた彼女にあてがわれた部屋には「立派な額縁に入れられた猫の写真が鴨居の上に並んでいた」。はじめ知寿は吟子さんのことを「もうすぐ死にそう、来週にでも」と思う。しかし、そんな風に見えた吟子さんは同じダンス教室に通う「ホースケさん」と恋をしていて毎日充実していた。一方、知寿は吟子さんと同居するようになってすぐに付き合っていた恋人の別れ、そのあとの恋人の藤田君ともすぐに別れてしまう。母親には中国で結婚をするかもしれないと告げられ、知寿は「母と自分をつないでいる一本の糸がぷつん、と切れたような気がし」てしまう。

 この物語の中で知寿には次々と別れが降ってくる。この話は知寿の経験するたくさんの別れの話であるといえる。吟子さんとの別れも訪れる。勤め先で正社員として採用されることになり知寿は社員寮へ住む決意をする。今度は知寿が去っていくのである。外の世界への恐怖を語る知寿へ「世界に外も中もないのよ。この世は一つしかないでしょ」ときっぱりと吟子さんは言う。何かを教えるのではなく見守り続け最後にポンと背中を押す。これは知寿よりも知寿の母親よりも多くの時間を生きて多くの別れを経験している吟子さんだからこそできるのであろう。物語の最後の章はまるで新しい小説の始まりのようである。

その人は既婚者である。今までにないパターンだ。この恋がうまくいけば不倫、ということになるだろう

知寿はその既婚者と競馬に行くために電車に乗っている。吟子さんの家がある駅を通りすぎ、約束の相手が待つ駅へと向かう。「電車は少しもスピードをゆるめずに、誰かが待つ駅へとわたしを運んでいく」。「別れ」を吟子さんから学んだ知寿はまた誰かと別れるために出会うのである。


ひとり日和 (河出文庫)ひとり日和 (河出文庫)
(2010/03/05)
青山 七恵

商品詳細を見る

【レビュー】 『四畳半神話大系』 森見登美彦


 あの時、もしも違う選択をしていたら自分は今とは全く違う人生を送っていたかもしれない。本書『四畳半神話大系』は、そんな誰しも人生において一度は夢想するであろう願望をモチーフに、性根のねじ曲がった大学三回生である「私」を実にユーモラスに描いた作品である。

「薔薇色のキャンパス」を夢見る冴えない大学生の「私」は、大学に入ったばかりの春にどのサークルで華やかなキャンパスライフを送ろうかと迷う。数ある新入生用のビラの中で特に惹かれたのは、次の四枚。映画サークル「みそぎ」、「弟子求ム」という奇想天外なビラ、ソフトボールサークル「ほんわか」、秘密機関〈福猫飯店〉。そして、この4つのビラのうちどれかを選択した時点で、「私」の人生は平行して進んでいく。映画サークルを選択した人生、奇想天外なビラについていった人生、ソフトボールサークルに入会した人生、秘密機関に身を置いた人生。
 これらの人生が平行して進んでいき、全て「小津」に出会い、大学生活の二年間を棒に振り、最終的に「小津」に責任を転嫁して終わる。そして最終話「八十日間四畳半一周」でそれらの平行世界を旅してまわることになる。それらは微妙に異なって入るが、結局「薔薇色のキャンパスライフ」にたどり着くのはひとつとしてない。

 森見登美彦氏は、この自己愛と自意識が過剰な大学生のあきれるほどにばかばかしい青春の煩悩を、知的で硬派なモノローグにのせて鮮やかに表現している。共通する仕掛けを各話に散りばめ、それぞれを異なった方法で出現させ、四話すべてを読むことによって初めて全容が明らかになるという非常に趣向の凝らされた作品である。しかし、どの話も登場人物は一人として魅力に欠くことはなく、京都の街並みの描写は読者の想像をかきたてる。滑稽だが憎めない登場人物にクスリとさせられた時、読者はすでに森見ワールドの虜となっているのだ。


四畳半神話大系 (角川文庫)四畳半神話大系 (角川文庫)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

【レビュー】 『小春日和』 金井美恵子


「ポール・ニザンのさあ、二十歳が人生で一番美しい時代だなんて誰にも言わせない、ていう言葉を引用する奴、いるだろ?」
「誰も二十歳が一番美しい時代なんて言わないのにね。」
「そうでもないかなあ、青春ってのは美しいっていうことになってるかあ。」
「そこそこ。オレが言いたかったのはね、二十歳の頃って、一番眠りたい時期なんじゃないかってこと。」


 思わず頷いてしまった主人公とその友達の会話。

 主人公の桃子は一年浪人して大学に入った十九歳。大学入学のおりに上京して、目白に住む小説家の叔母さんのマンションに居候している。毎週日曜の夜に電話してくるおふくろが口うるさくて堪らなくて、そんなおふくろは叔母さんいわくコンサバばばあ。コンサバはコンサバティヴ=保守派ってことらしい。ちいさい頃に愛人をつくって家を出てった親父とはたまに会って食事をするけど、どうも気が合わなくて好きではない。そして、つい最近その愛人が同性だと知る。中学生の男の子みたいな外見をしたヘンな友達と長閑で怠惰な生活を送るうちに桃子は二十歳になっていく。

 主人公が一人称の語り手「あたし」として世の中をちょっと辛辣な目で眺めながら、1980年代の「現在」の空気を呼吸する。登場人物が愚痴をこぼしながらも、今ある今を受け止めて生きている様子が印象的だ。作品中で時間は、若さと思春期ウツ特有の気だるさを纏ってじつにゆっくりと流れていく。

 この『小春日和』には、本編の途中に「おばさんの書いた小説」が二編と「おばさんの書いたエッセイ」が六編挿入されている。それらは本筋にまるで関係ないがないというわけではない。桃子の話が叔母さんの書き物に影響を与え、桃子目線で書かれていた話題が叔母さんの主観を介して構築され直しているところが面白い。叔母さんのエッセイ『そっくりなもの』中のノタノタ歩く女子高生と買い物しているおばさんを見る限り両者に区別はないだけでなく、おばさんの好む雑誌も投資の方法や安いおかずの作り方、更年期障害の注意や老後の問題などを除けば少女雑誌となんら変わりない、おばさんは少女より少しだけ老けているという差こそあれという部分には思わず笑ってしまった。

 少女小説を読んで育った作者が少女小説への〈おかえし〉として書いた、作者の血を幾分も受け継ぐ少女小説。


小春日和(インディアン・サマー) (河出文庫―文芸コレクション)小春日和(インディアン・サマー) (河出文庫―文芸コレクション)
(1999/04)
金井 美恵子

商品詳細を見る



【レビュー】 『正義のミカタ』 本多孝好

―この春、僕は夢から醒めたのだ。さなぎから蝶になったのだ。さあ、美しい羽を存分に広げよう。

 幼い子どもは、しばしばヒーローに憧れます。強くて、格好良くて、優しくて、そしてなにより、“悪”という“間違っていること”を徹底的に負かしてしまう、「正義の味方」。それは穢れを知らない小さな瞳にキラキラと輝いて映ります。

 しかし、幼い頃憧れたヒーローの輝きを大人になっても変わらず心に持ち続けることができる人は、と考えると、その数は明らかに減ってしまうのではないでしょうか。成長するにしたがって、私たちは様々な場面に立たされます。いい事ばかりではありません。怒りを感じる事も、悔しさに唇を噛み締める事も、理不尽だと叫びたくなる事もあるでしょう。そしてそんな中で、自身も楽や狡さなどを覚え、憧れた純粋な「正義」からは遠ざかってしまうことがほとんどです。

 そもそも「正義」とは何なのでしょう?「正義」とかこつければ、何をしてもいいわけではありません。「正義」だと思い込んでいる事は本当に「正義」なのでしょうか?一方の側からは「正義」でも、もう一方の側から見ればそうではない事も多々あります。何が「正義」で何が“悪”か。それとも真の「正義」なんてモノも、真の“悪”なんてモノも存在しないのか。答えを簡単に出す事はできません。

 この本の主人公の亮太も、そんな「正義」の狭間で揺れ動きます。
 彼は高校時代、「本当にすごいいじめられっ子」でした。殴る蹴るの暴行を受け、金を巻き上げられる毎日の中で彼は自分を「さなぎ」だと思い、「蝶」として華々しくデビューするために必死の努力で大学に入ります。そして念願の大学で、ボクシングでインターハイ3連覇をした「トモイチ」と出会い、「正義の味方研究部」の一員となるのです。
 皆が平穏な大学生活を送れるように「正義の味方研究部」として活動する中で、良くも悪くもただ従順で単純なお人好しだった彼は“考え”始めます。

―世界は悲鳴に満ちていた。その悲鳴の一つ一つに耳を澄ましてみれば、彼らの言っていることはただ一つだった。
「不公平だ」
僕は口に出して言ってみた。

それは、リストラや格差、貧困に溢れる社会から

―このままじゃいけない。このままじゃいけない。このままじゃいけない。どのままじゃいけないんだ?

自分自身のあり方、そして「正義」へと。

 この話はとても意外なラストを迎えます。亮太の選んだ道、この本の終わり方をどう捉えるかは人によって様々でしょう。しかしどう感じたとしても、読後どっぷりと考えの“深み”に嵌ってしまう事は確かです。そしてそれは自分自身を見つめなおすきっかけにもなり得ます。

“繊細”なテーマをけして“重く”せず、将来の不安に揺れる青春期の大学生に乗せて描く。この本の構成はとても“面白”く、そこから『眠りの海』で第16回小説推理新人賞を受賞、その他にも作品が多くの賞の受賞候補にノミネートされてきた本多孝好の実力を十分に見ることができるでしょう。


正義のミカタ (集英社文庫)正義のミカタ (集英社文庫)
(2010/06/25)
本多 孝好

商品詳細を見る




【レビュー】 『ピエロの歌』 遠藤周作


繰り返される、ピエロの歌

 青春には挫折がつきものだ。大人であり大人でない、人生のモラトリアムと言われるこのあいまいな時期、誰しも一度は「自分は他人とは違う」「つまらない大人にはなりたくない」という感情を抱いたことがあるだろう。

 本書の主人公である波田マキ子も、そんな青春の熱に浮かされたうちの一人である。親に用意された平凡でつまらない道を歩むことを拒み、彼女は東京の大学院へと進学する。今でこそ大学院へ進学する女性や社会進出する女性の姿はそう珍しいものではないが、当時は彼女のような女性は少なく、彼女の両親は大学を出たらマキ子が結婚してくれることを望んでいた。しかしマキ子は「頭が古い」両親の考えを跳ね除け、それを聞き入れることはなかった。

大学院に入り、下宿先の夫婦の下品さに呆れはて軽蔑していたマキ子は、自分はこうはなりたくないと心から思う。ある日、マキ子が困っているところを勝呂という青年が助けてくれたことをきっかけに「まるで外国映画にあるみたい」な高尚で美しい恋に落ちる。

 一見ただの恋愛ストーリーであるように思われたがそうではなく、若干推理小説の要素もある。マキ子とその幼馴染でマキ子を追って上京してきた又兵衛の視点が次第に絡み合い、一致していくのが面白い。

 若さは罪深いもので、自身の持つ力や無限性を過信させてしまう。しかし世間に出ていない、大学の校舎に守られた彼らはまだ世の中の事を何も知らない。正しい世の中にするために恋愛感情ですら利用する過激派学生や、愛の為ならどのようなことにも手を貸してしまうマキ子の姿からは偏った正義感を感じる。その姿はまるで表題にある「ピエロ」のようだ。やがてその正義感や理想を社会に打ち砕かれたピエロたちは挫折を知り、青春の苦みを噛み締める。

 物語の最後に、マキ子の元下宿先に女子学生が入る。彼女もマキ子のように地方から上京して、東京で自分の道を見つけようとする一人だ。彼女が両親に手紙を書くシーンは、冒頭でマキ子が友人に手紙を書くシーンと重なる。
 青春は何度も繰り返されるのだ、ピエロたちによって。

遠藤周作『ピエロの歌』

【レビュー】 『潮騒』 三島由紀夫


 人口千四百、周囲一里に満たない歌島。本土の都会で文明が進歩していくなかで、島では昔からなんら変わりのない穏やかな生活が営まれていた。美しい海に囲まれた小さな漁村が物語の舞台である。

 主人公・新治は十八であったが、父親が終戦の年に亡くなってから海女の収入で息子二人を育ててきた母を助け、漁師として毎日海へ出、ときどき灯台長へ獲物を届けるという単調だが充実した日々を過ごしていた。都会でこの年頃の若者といえば、色恋沙汰やその他諸々に興味関心を向けるものだが、歌島にはパチンコ屋も酒場も、若者の刺激になるようなものは一切なかった。そういった環境で育っているものだから、新治も自分の年で女のことを考えるのは早いとおもっていた。

 そんな新治の前に突如として現れたのが初江である。養子に出されていたが戻ってきた容姿の整った娘は村中の注目の的であった。仕事終わりにたまたま目に入った見知らぬ少女。小さな村だから知らない人はいないはず。わざわざ少女の目の前を通って不躾に視線を送り、そのときは好奇心が満たされたことにただ満足しただけであったが、それから少女の陰が新治の頭の中に居座るようになる。普段は少しも物を考えない新治だが、初江の名前を聞くだけで頬がほてり胸が弾んだ。なんの味気もない言い方で申し訳ないが、新治は一目で恋に落ちたのである。しかし今まで恋愛について考えたこともない純朴青年・新治である。一体なにが自分の心を患わせているのか見当もつかない。青年会に参加して壁際に膝を抱いて座って他の若者たちの雑談を眺めていた新治。噂の的である初江の名前に反応し、理解できない自分の反応に矜持を傷つけては怒りで顔がさらに真っ赤になるという、なんとも純粋で可愛らしい一人芝居までやってしまう。私が思わず微笑んでしまったのはその帰りのこと。いつもなら友人と帰るところだが、新治は一人抜け出して神社に参る。その願い事が次の通りである。

『神様、どうか海が平穏で、漁獲はゆたかに、村はますます栄えてゆきますように! わたくしはまだ少年ですが、いつか一人前の漁師になって、海のこと、魚のこと、舟のこと、天候のこと、何事をも熟知し何事にも熟達した優れた者になれますように! やさしい母とまだ幼ない弟の上を護ってくださいますように! 海女の季節には、海中の母の体を、どうかさまざまな危険からお護り下さいますように! ……それから筋ちがいのお願いのようですが、いつかわたくしのような者にも、気立てのよい、美しい花嫁が授かりますように! ……たとえば宮田照吉のところへかえって来た娘のような……』



 照吉のところの娘とは言わずもがな、初江のことである。

この後、新治と初江の距離をゆっくり、ゆっくりと縮めながら物語は進行する。そこに描かれているのはこの上なく清らかな恋愛模様である。嵐で濡れた着物や体をたき火で乾かす場面。周
りに人はおらず、灯りは火だけ。その空間で抱擁する二人は確かに一糸を纏わぬ姿であったが、交わされたのはいつもより永い接吻だけ。お互いの鼓動を聞きながら不思議な幸福感に包まれた長いような短い時間は、二人の関係性をより確固にした。しかしその二人の噂が間違って広まってしまう。娘を不届きな若者によって傷物にされたと、照吉は娘に新治が漁に出てない時間帯の外出を禁じ、一切の接触を阻止した。初江の婿になると以前から吹聴していた安夫も実力行使に
出たりと、穏やかな村で人間らしい、個々のさまざまな想いが交差する。

海と共存して暮らす漁師や海女たちの村。天候によって表情を変える海に同調して生きる彼らの中で芽生えた、若者たちの清純な恋物語。現代の都会に生きる私たちとは一味違ったその模様は、どこか羨ましくさえ思えるものだった。流れに乗って大学へ進み、文句を言いながら勉強したり、親のいない一人暮らしで何をするわけでもなく時間を潰したり。私は新治とほぼ同じ年だが、あまりに異なる生活。決して裕福ではなくとも満ち足りた島の人々は明るい太陽の下で輝いていた。
 これは勝手な私的見解だが、新治の青春がまさに暖かな島の風景だとしたら、私のそれはうっすら雲のかかった空を窓に望む学校の教室だろう。物事を斜に構えて見がちな年頃だというのに、新治の考え、思いは純粋で真っ直ぐだ。『潮騒』は新治の恋の行方だけでなく、島の様子を通して感じる人々の快活さや潮の匂いも楽しめた。三島由紀夫の作品を読むのは初めてだが、とても読みやすく、新治の心情にも引き込まれた。読んでいるだけなのに潮の匂いを感じるほど面白かった。


潮騒 (新潮文庫)潮騒 (新潮文庫)
(2005/10)
三島 由紀夫

商品詳細を見る



プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。