スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】 『ピエロの歌』 遠藤周作


繰り返される、ピエロの歌

 青春には挫折がつきものだ。大人であり大人でない、人生のモラトリアムと言われるこのあいまいな時期、誰しも一度は「自分は他人とは違う」「つまらない大人にはなりたくない」という感情を抱いたことがあるだろう。

 本書の主人公である波田マキ子も、そんな青春の熱に浮かされたうちの一人である。親に用意された平凡でつまらない道を歩むことを拒み、彼女は東京の大学院へと進学する。今でこそ大学院へ進学する女性や社会進出する女性の姿はそう珍しいものではないが、当時は彼女のような女性は少なく、彼女の両親は大学を出たらマキ子が結婚してくれることを望んでいた。しかしマキ子は「頭が古い」両親の考えを跳ね除け、それを聞き入れることはなかった。

大学院に入り、下宿先の夫婦の下品さに呆れはて軽蔑していたマキ子は、自分はこうはなりたくないと心から思う。ある日、マキ子が困っているところを勝呂という青年が助けてくれたことをきっかけに「まるで外国映画にあるみたい」な高尚で美しい恋に落ちる。

 一見ただの恋愛ストーリーであるように思われたがそうではなく、若干推理小説の要素もある。マキ子とその幼馴染でマキ子を追って上京してきた又兵衛の視点が次第に絡み合い、一致していくのが面白い。

 若さは罪深いもので、自身の持つ力や無限性を過信させてしまう。しかし世間に出ていない、大学の校舎に守られた彼らはまだ世の中の事を何も知らない。正しい世の中にするために恋愛感情ですら利用する過激派学生や、愛の為ならどのようなことにも手を貸してしまうマキ子の姿からは偏った正義感を感じる。その姿はまるで表題にある「ピエロ」のようだ。やがてその正義感や理想を社会に打ち砕かれたピエロたちは挫折を知り、青春の苦みを噛み締める。

 物語の最後に、マキ子の元下宿先に女子学生が入る。彼女もマキ子のように地方から上京して、東京で自分の道を見つけようとする一人だ。彼女が両親に手紙を書くシーンは、冒頭でマキ子が友人に手紙を書くシーンと重なる。
 青春は何度も繰り返されるのだ、ピエロたちによって。

遠藤周作『ピエロの歌』
スポンサーサイト
プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。