スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春小説レビューまとめ

これまでに書いてきた青春小説レビューをまとめました。
読みたいレビューがすぐ読めるようにリンクしてあります。

青山七恵『ひとり日和』
伊坂幸太郎『砂漠』
石川達三『青春の蹉跌』
村上龍『限りなく透明に近いブルー』(本誌掲載)
島本理生『クローバー』
金井美恵子『小春日和』
原田宗典『十九、二十』
遠藤周作『ピエロの歌』
三島由紀夫『金閣寺』
井上ひさし『モッキンポット師の後始末』
武者小路実篤『友情』
山崎ナオコーラ『長い終わりが始まる』
村上春樹『ノルウェイの森』
森見登美彦『四畳半神話大系』
福永武彦『草の花』
宮本輝『青が散る』
川端康成『伊豆の踊子』
本多孝好『正義のミカタ』
市川拓司『恋愛寫眞 もうひとつの物語』
中村航『絶対、最強恋の歌』
有川浩『キケン』
北村薫『空飛ぶ馬』(更新待ち)
坪内逍遥 『当世書生気質』(本誌掲載)
大江健三郎『われらの時代』(更新待ち)
朝井リョウ『もう一度生まれる』
橋本紡『流れ星が消えないうちに』
恩田陸『チョコレート・コスモス』
吉田修一『横道世之介』(本誌掲載)
石田衣良『シューカツ』(更新待ち)
安岡章太郎『悪い仲間』

スポンサーサイト

【レビュー】 『砂漠』 伊坂幸太郎


 伊坂幸太郎による五人の大学生を描いた青春小説。個性豊かな面々が今を気ままに生きている様子を描いたこの作品は、他の伊坂作品とは異なった魅力を見せている。何か大きな事件が起こるわけでもなく、無意味に時間を過ごしている学生たちがポップな文体で飄々と語られていく。「なんてことは、まるでない」というフレーズが多用され、ある種のシリアスな状況から主人公たちは身をかわしていく。読者を突き放すようなこの言葉であるが、使われる度に、読者を呆れさせ、安堵させ、驚喜させと、色を変えていき、すっかりこの軽妙な語り口に読者は操られてしまっている。

 そのように語られる小説であるが、その中にも西嶋という普通ではない熱量と率直さを持った人物が出てくる。この男は『星の王子様』で知られるサン=テグジュペリに影響されており、サン=テグジュペリが砂漠のなかで経験したことを書き綴った『人間の土地』という随筆集にある言葉を引用して語る。その一つが「彼方で人々が難破している時に、手をこまねいてはいられない。」という言葉であり、この言葉や考えは作品中において何度か現れることになる。

 この言葉の通りまさに西嶋は、「手をこまねいていられない」のであり、すぐに行動へと移していく。主人公の北村は冷めている鳥瞰型の人間であったが西嶋に影響を受け、少しずつ変わっていく。社会という「砂漠」から目を背けるようにして、モラトリアムの大学生活という「オアシス」のなかを彼らは生きているが、西嶋は「俺たちがその気になれば、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」と言いきってみせる。

 社会という「砂漠」にでるまでの長くて短いあっという間の四年間を描いたこの作品は学生にこそ読まれるべきだ。「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである」という言葉がこれまた『人間の土地』から引用されているのだが、学生生活において人間関係ほど大事なものはないのかもしれない。この贅沢さえあれば、目の前に広がる「砂漠」にさえも「雪」を降らせることができるのだろう。


砂漠砂漠
(2005/12/10)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

【レビュー】 『悪い仲間』 安岡章太郎


 大学予科に進学して最初の夏、「僕」が、悪友・藤井高麗彦に出会う。「僕」は窃盗などを日常的に行う藤井の姿に、憧れるようになり、「僕」もまた藤井の行為を模倣するようになっていく。そして「僕」のもともとの友人であった倉田を加えた三人の「遊び」は段々とエスカレートしてく。

 「僕」も倉田も藤井に対して異様なまでの執着心を抱いており、二人は藤井に認められようと悪事を競い合うようになる。藤井もまた、二人よりも「悪い」存在でなければならないと、より大きな悪事を行おうとする。このようなエスカレートしていく構造はなかなか自ら止まることができずに、チキンレースのようにして破滅へと向かっていってしまう。

 しかし、藤井が病に冒されたことによって、事態は変化する。「僕」は恐怖心のために三人の輪から離れようと決意し、街で藤井と倉田を見かけるも合流せずに身を隠した。そして、街へと消えていく二人の姿を背に、「僕」はそこから逃げ出した。「僕」のなかにあったのは卑しさや羞恥ではなく、ひたすら恐怖であった。

 この恐怖は藤井の病によって顕在化するのだが、三人の青年の中でエスカレートして言った「悪」がいずれ破滅をもたらすということが、藤井がいなくなることで三人のこの構造もまた終わりを迎えることが、わかってしまったからだろう。

 この『悪い仲間』において描かれる構造は、日本が太平洋戦争へと突き進んでしまったことを暗に表しているのだろう。そこにある恐怖に気付かなければならないのに、虚栄を張り続けた結果、もう止まることができず、破滅へと向かってしまった。この作品が書かれた後の現在でも、これと同様のことが起きている。ひとつ例をあげて言えば今問題になっているいじめなどもそうだろう。より酷い仕打ちをと、いじめがエスカレートしていき、その当事者はその先にある悲惨な結末を知ろうとすらしない。

 これは何も悪事やいじめに限った話では決してない。この「悪い仲間」をとりまく構造は、いたるところに存在しているのであり、その先にある恐怖を、「僕たち」は見つめなければならないのだろう。


ガラスの靴・悪い仲間 (講談社文芸文庫)ガラスの靴・悪い仲間 (講談社文芸文庫)
(1989/08/03)
安岡 章太郎

商品詳細を見る


法政文芸第八号完成報告

学期末の多忙につきご報告が遅れてしまいました。
すみません。

法政文芸第八号完成しましたー!

IMG_1020.jpg

実際に本の形になると感慨ぶかいものがありますね。
盛り沢山の内容になっていますし、読みごたえは十分です。
次の写真は学生編集委員の記念撮影です。

IMG_1010.jpg

書店の方にも順次置かせていただく予定です。
そういった情報もまたこちらで報告できればと思います。


法政文芸をお求めの方は、
hosei.bungei@gmail.com
までその旨を送ってくだされば対応させていただきますので、
どうぞよろしくお願いします。


法政文芸第八号目次


こんばんは
法政文芸第八号の発刊も目前に迫ってきました。
ということで今日は目次を公開したいと思います!


法政文芸第8号
特集・当世学生気質


巻頭詩
黙る夜
田中庸介


特集エッセイ
ファッションカンケイのひとですか
稲葉真弓


創作
きらい嫌い
新井春香
さようなら、靴よ
李潤喜
たたずむ
鍛代香
僕の足元にはうさぎがいる
長野桃子
うすらハゲと溺れる自意識
森太一郎



掌編セレクション
俺の舌
君塚日菜子

菅野星羅



インタビュー
恋愛してなくても友達作ればいいじゃん
山崎ナオコーラ


特集エッセイ
青春期の気づき
関口尚
青春花鳥、外濠を埋める
瀬戸良枝
楽園の修道女
中上紀
青春を書く
中村航
人生のある一時期
平野啓一郎



アンケート
青春小説アンケート
伊藤たかみ/海野碧/落合恵子/岳真也/笠原淳/勝又浩/車谷長吉/小池昌代/立石伯/中沢けい/中村文則/藤野千夜/前田司郎/枡野浩一/三田誠広/道浦母都子



連句
当世学生連句
留書―連句好みの法政学生気質

浅沼璞


年表
学生小説年表


ポートフォリオ
青春の地図


推薦作レビュー
当世書生気質
三四郎
限りなく透明に近いブルー
横道世之介




以上です。
諸事情により公開が遅れてしまいましたが、
7月5日木曜日には本誌が出来あがる予定ですので
ぜひ楽しみにしていただければと思います。

【レビュー】 『クローバー』 島本理生


 この本の主人公は、大学生の双子、冬冶と華子。客観的な視点で冷静に物事を見る、地味な理系男子冬冶と、化粧バリバリ、積極的に行動する肉食系女子華子は、外見こそ似ていますが内面は全く似ていません。

 そんな二人が作品の中でふと、そっくりな台詞を漏らしています。

「べつに今の自分に満足していないわけじゃない。だけど自分の能力や色んな面に対して自信があるかと言われれば、むしろ後ろ向きなほうだと思う」
「たぶん、私があんまり誰かを本気で好きになれないのは、自分のことを好きじゃないからだよね」


 この台詞は二人の心の中に抱えている「不安」の一部を率直に表していると、私は思います。
 
 自分に100%自信がある人間など、なかなかいません。何かしらのコンプレックス、不安、あきらめ、絶望……そのようなどうしようもない思いを抱えながら、私たちは生きています。青春期は特に、子供から大人という社会的視線のカテゴリーの移行と自身の人生の方向性の選択という特殊な変化を求められる時期であり、大人になりきれない、また、子供のままでもいられない中途半端な位置にとまどう若者たちは皆、程度の差はあれ、「自分とは何か」「自分はどうあるべきなのか」という問いに直面し、葛藤するのです。

 作中、冬冶と華子もそんな変化の時期に、いろいろな人々と関わり、影響をうけていきます。自身の欲求に積極的に動く友、どこまでもまっすぐに好意をぶつけてくる相手、どこか反発を覚えていたけどやっぱり大きな存在であった両親、それぞれの意見が交差し、ぶつかり合い、築かれていく人間関係の中で、十分に悩みながら二人は様々な思いに折り合いをつけ、自分の答えを見つけていきます。

 この作品は、あとがきで作者の島本さん自身が「青春小説でも恋愛小説でもなく、モラトリアムとその終わりの物語、というとらえ方をするのが、自分の中では一番しっくりきます」と述べているように、はっきり恋愛小説とも青春小説とも区分することはできません。ですが思ってみれば、現実でも恋愛や青春やモラトリアムはそれぞれがそれぞれの構成要素であり、切り離すことなど出来やしないのです。

「ほっ」と優しく背中を押してもらいたいそんな時、青春期を卒業した大人も現在真っ只中の若者も、この作品の伸びやかな空気感に癒されてみてはいかがでしょうか。(文・飯村)


クローバー (角川文庫)クローバー (角川文庫)
(2011/01/25)
島本 理生

商品詳細を見る



【レビュー】 『青が散る』 宮本輝


 青春とは一度だけ人生に現れる儚い季節のことである。
『青が散る』は、一九八二年に刊行された宮本輝の青春小説。すでにドラマ化もされており、当時から青春小説として根強い人気を誇っている。新設大学のテニス部員椎名燎平が大学に入学してから卒業するまでを描いた作品であり、彼をめぐる友情や恋愛、スポーツなど全ての青春の要素が詰まった作品である。

 夏子との運命的な出会いから始まり、二人の淡い恋の行方や、金子との友情、テニス部を創設し大会を目指していく姿は、まさに青春しているのであり、それぞれが一つ一つで十分に小説ととなるような魅力を持っている。ここで一つ場面を引用するが、この場面の美しさは傑出している。そしてまた同時に儚さや切なささえも滲みだしている。

 夏子はあたりをうかがい、それから笑顔を浮かべて近寄って来、両腕で遼平の顔をかかえ込んで、頬に長いこと唇をつけていた。夏子の全身を包んでいる細かな水滴が、遼平にまといついている水滴と混ざり合ってつぶれ、そこだけ液体になって濡れそぼった。


 父親を亡くした夏子を送り届けた燎平にお礼だと言ってキスをする。もう一度と冗談交じりにねだると、こんどは夏子の長いキスによって、霧雨のせいで二人にまとわりついていた細かな水滴が触れ合って一つの水滴へと変わる。ここにこそ青春の、恋の儚い一瞬が凝縮されているのであり、それをこうした二人の心理には触れず、情景描写のみで書き表そうとした作者の類まれなるセンスを感じる。

 まさに青春小説の金字塔とも言えるこの作品だが、その評価すべきは青春の「散る」までを描きったところにある。タイトルの『青が散る』とはまさに「青」春が「散る」ということなのだ。

 燎平は大学の四年間を振り返って「恥ずかしい時代」だったと言う。その「恥ずかしかった」大学生活を終え、「青春」を終えてしまった燎平はもう夏子に手を伸ばすことができなかった。また夏子の目からはもう「不思議な緑」が喪われてしまっている。燎平が夏子に恋をしていた時代は終わってしまったのだ。そしてそれぞれの登場人物もそれぞれに何かを喪ってしまっている。そうした虚しさのなかで、青春が散っていくことが確認されてしまうことで物語は閉じてしまう。

 青春とは一度だけなのだと確認させる小説。それは残酷ではあるが、その残酷さの裏には、一度しかない時代の美しさがたしかにあるのだ。(文責:伏見)


青が散る〈上〉 (文春文庫)青が散る〈上〉 (文春文庫)
(2007/05)
宮本 輝

商品詳細を見る


青が散る〈下〉 (文春文庫)青が散る〈下〉 (文春文庫)
(2007/05)
宮本 輝

商品詳細を見る

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。