スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いコン。


3月25日に法政文芸の追い出しコンパがありました。

法政文芸第六号の制作の際、中心となって活動していた方々が卒業することになりました。
本当にご卒業おめでとうございます。

僕が法政大学に入ってよかったと、今思えているのは法政文芸の存在が一番大きいです。
それも先輩方がいたからこそのものであって、その先輩方が卒業してしまったというのはどうしようもなく寂しいものでもあります。

しかし、追いコンが終わったということは、次に新入生がやってくるということです。卒業した四年生の穴が、新入生によって埋められるということはないですが、この繰り返しの中で法政文芸が長く続いていき、その歴史を忘れずに大事にしていくべきなんだと、ぼんやりとですが思っています。

社会人になる卒業生は東京から離れていってしまいます。子どもの頃は、数駅先に行くだけで、すごく遠くへ行ってしまうような感覚がありました。学生の僕にとって、卒業生の方々がだいぶ遠くへ行ってしまうように感じられます。ただ大人になるうちに、その感覚は段々と薄れていき、子供のころに比べて世界は小さくなっていきます。
そんなふうに、僕たちもまた法政大学を卒業し、社会人になれば今まで「遠く」にあったものが「近く」なるかもしれないのです。
だから、またいつか会えるのだと前向きに信じています。

今の法政文芸の編集委員もいつかは、ばらばらになってしまいます。ただ法政文芸がこの先もずっと続いて行けば、また法政文芸のもとで会うことができます。そういうのを夢に見ています。

早朝まで続いた追いコンが終わった後、編集委員の一人が呟きました。

「一分一秒ごとに街の景色が変わってる。夜明けって凄い。」

法政文芸も一分一秒ごとに変わっていくのでしょう。
それでも、そこで目にした景色は、
先輩方がいた法政文芸は、忘れません。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。