スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校正セミナー(実は二度目)

今日もこんにちは。
頑張って毎日更新するよ!


今日(2010年10月13日)は、校正セミナーを行いました。
校正とは、原稿とゲラを引き合わせて文字の間違いを見つける仕事です。広辞苑には、『文字の誤りをくらべ正すこと。校正刷りを原稿と引き合わせて、文字の誤りや不備を調べ正すこと』とあります。


校正セミナーの講師をお引き受けいただきましたのは、株式会社講談社出版サービスセンターの若藤えい子さんです。
それと、首謀者の我らが法政文芸の中沢けい先生
校正者と作家というふたつの職業が交わる機会というのも、そうそうないでしょう。
セミナーでは貴重なお話がたくさん聞けました。
前回(10月6日)の際は、株式会社短歌研究社の堀山和子さんもお話をしてくださいました。


中沢けい先生の昼ゼミ・夜ゼミの作品をテキストとして使用しての校正セミナーだったのですが、昼ゼミ誌・夜ゼミ誌とも、ひどい(楽しい?)間違いがたくさんありまして、驚愕の限りです(笑)
若藤さんがゼミ誌の間違いをビシッと指摘するたびに、「この間違いはないだろ~」と、思わず皆で笑ってしまい、二時間ちょっとのセミナーは始終笑いの絶えない、楽しいものとなりました。
もちろん、しっかり校正技術のイロハも教えて頂きまして……。
来期の法政文芸編集委員は、校正技術により一層の磨きがかかったかも!
この際、みんなで校正資格の試験受けるか(笑)


また、今回の校正セミナーには専修大学文学部日本文学文化学科の川上ゼミのみなさんにもお越し頂きました。
川上ゼミは出版文化・ジャーナリズムを専攻しているゼミで、雑誌『SHOW』の編集をやっているそうです。
色ページの多さや取材の綿密さ・文章の密度など、書店で売っている雑誌とまったく遜色の無い出来で、現編集長、度肝を抜かれてしまいました。


というわけで、ちょっとだけインカレな側面も見せている今期の法政文芸編集部です。
いやー、夏には合宿もしたりなんかしちゃって、最近アクティブなんじゃないの?ん?
法政文芸が盛り上がってきているようで、現編集長、嬉しい限りです。
明日も昼休みは会議をやります。うーん、イイ!
では、今日はこれにて!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。