スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向性

いくつか方々で話があがっていますが、そろそろ「法政文芸って何?何を目的にした本なの?」という質問に答えられるような方向性を、示していかねばならない時期が来ているようです。
とは言っても、もともと法政文芸は「日本文学科の卒業制作を発表するための場」であり、文芸コース以外の卒業制作を載せている「日本文学誌要」の別冊という扱いなのです。
言い方を悪くすれば、いわば、おまけ。
法政文芸が創刊されたのは2005年で、文芸コース自体が設立されたのはそこから約10年前の1995年あたりのことです。どちらにしても、歴史がある、と言うには若すぎます。


法政文芸に欠けてはならないコンテンツというのは、いまだ卒業創作だけであり、もともとの法政文芸の存在意義というのは、そのための発表の場でありました。
極端な話、特集なんてのは不要なのです。
ただ、それだけじゃあまりにも寂しい。
日文科学生以外の誰も読んでくれないのは想像に難くない。
そこで、学生が主体になって特集企画を考えていこう、という取り決めがなされ、法政文芸の特集が毎号毎号決められていくわけです。


若い法政文芸がこれからどのような道を切り開いていくのか、そのためのコンパスや海図が、法政文芸の方向性です。「学生の卒業制作の発表の場」という根源的な存在意義に、どう特集記事を絡ませていけばいいのか、それを考えて、変わることのない指針を作ることが今、必要とされています。


しかしです。
学生が編集委員で、代替わりしながら、それらの方向性を決めていくのは非常に困難な作業です。学年という壁がある以上、変わることのない意志が受け継がれていくということは、あり得ません。
歴史上、幾度も思想や価値観が変遷してきたのと同様に、法政文芸もそれぞれの学年に残された時間はたったの一年しかなく、その一年で得たものがすべて、後の代に脈々と受け継がれていくことは、まずありません。
だから、毎年の号でそれぞれのカラーがまったく異なってきてしまうというのも、仕方のない部分ではあるのです。


編集技術や組織のまとまりなど、何もかもまだ未熟な中で、ひとつひとつ、法政文芸の存在意義を固めていくことは、悪いことではなくむしろ考えていかねばならないところです。
ただ、それを考えるためには、圧倒的に時間も人も足りない。
毎回、誰もが出席してくれて、全員が全員、真摯に法政文芸のいろいろな部分について議論してくれれば大いに結構なのですが、学生の本分である勉学やアルバイトの時間を取られて、大学生は思った以上に忙しく日々を過ごしている人が大半です。そういった人の時間をちょっとずつ分けてもらって、毎年、法政文芸は完成へと向かっていきます。
そして議論するだけではなく、もちろん個人がそれを妥当な結果を生む実行へと移さなければ、何の進歩もありません。しかし、その実行するという行為は、難しいものです。自分が正しいことをしているつもりでも、異なる視点からその行為を見つめたとき、それは正しくないこともあります。そして、その判断ができる監査が必要なのです。そしてその視点や過ち、得たものを逐一フィードバックして、更なる糧とする時間が必要です。想像もつかないような時間と結果を重ねた上にだけ、変わることのない方向性というのは生まれるはずです。
ということを考えはじめると、結局は創刊の際に提示された「学生の卒業制作の発表の場」という方向性に落ち着いてしまうのが、一番安易で妥当なところです。


でも、方向性は欲しい。
法政文芸の存在意義が「発表の場」であるならば、その「発表の場」を広げ、いろいろな人に読んでもらう機会を少しでも増やすことが、その存在意義の延長にあるはずです。
直近の会議で、「法政文芸のこれからの方向性は何か?」という議題を持ち出したとき、挙がった案のひとつが「編集委員が学生なんだから、学生の視点を利用する方向性」です。
それは、法政文芸は商業誌に追いつこうとするのではなくて、もっと独自の学生らしさのある冊子にしていこう、という意味でもあります。
これから法政文芸が求めていかねばならないのは、圧倒的大勢に読まれるナンバーワンではなくて、少しでも多くの人に読まれるためのユニークさなのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。