スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】『蛇にピアス』金原ひとみ

学生編集員T・Sです。もう1人の副編集長です。



しかし、名ばかり副編なので、みなさんあまり信用しないように。



だって、よく考えてもみてください。彼はMくんです。それに対し、自分はSです。



」と「」。ほら、どちらがより大きな存在かがわかるでしょう?



そしてその2人よりも大きな存在である学生編集長の“”、と。



次号の法政文芸は、そんなネイチャーな3人が主に指示を出して、学生企画を進めていきたいと思っています。



さて(ここまで余談だったのです)。



今回わたしが取り上げる作品は金原ひとみ『蛇にピアス』(集英社文庫)です。


蛇にピアス (集英社文庫)蛇にピアス (集英社文庫)
(2006/06)
金原 ひとみ

商品詳細を見る




金原ひとみさんは、本作品で2003年第27回すばる文学賞を受賞しデビュー、第130回芥川賞(2003年下半期)も受賞しています。金原さんは当時20歳5カ月での受賞、加えて同時受賞された『蹴りたい背中』綿矢りささんも当時19歳11カ月で史上最年少受賞といった話題性も伴い、かなりの注目を集めたことは記憶に新しいと思います。



【あらすじ】

主人公のルイはアマという子供みたいに若い男と同棲しているが、アマの友人のシバという彫物師にも魅力を感じている。そしてアマの影響で舌にピアスをあけ、シバの影響で刺青を入れてみようと思う。そして……





この小説を読んだ瀬戸内寂聴さんは「あれを読んだら、谷崎潤一郎の『刺青』も霞んで見える」と感想を述べたらしいのですが、確かにこの作品にも刺青や、それから谷崎潤一郎の作品に漂うような「性」や「痛み」が非常に生々しく現代的な感覚で描かれています。



現代的な感覚は、現代っ子と呼ばれるような今の若者が(ちなみに僕も平成生まれです)、なんとなくだけどわかるもの、だけど言葉にするのが難しいような一面があると思います。

口で説明するのは難しいけど、あれだよね、あれ。だけどわからない人(例えば自分たちよりはるかに大人な世代)には絶対にわからないよね。なんでだろう。というようなもの。



しかし金原さんはそれを普通にしゃべるようにして描き、それが作品にとてもマッチしているように感じます。個人的にそういった感覚的な行動や衝動を、無理に言葉にすると軽すぎて作品が陳腐になってしまうように思えてならないのですが、そういったことは一切なく、作品をいっそう高めているような感じがするのです。



そういう点が多くの読者の支持を得ている特徴ではないでしょうか。事実、受賞後も『アッシュベイビー』『AMEBIC』といった話題作を発表し、素晴らしい活躍をしています。



2008年には蜷川幸雄監督・脚本、吉高由里子主演によって映画化もされているので、そちらで知っている方も多いと思います。



とにかく有名な作品であることは間違いなく、平成時代の小説としての代表といっても過言ではないと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

法政文芸編集委員会

Author:法政文芸編集委員会
法政大学国文学会が発行する文芸誌「法政文芸」編集委員によるブログ。編集の様子やオススメ本の紹介など、個性豊かに発信していきます。法政文芸のバックナンバー、その他のご質問はこちらまで→hosei.bungei@gmail.com

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
人気ブログランキング
ブログランキング参戦中!ぜひ、1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。